ブログ|長崎浜町アーケード・中央橋近くの築町にある内科・呼吸器内科-築町クリニック

MENU

ブログ

Blog

開業 2周年!

 現院長 三島 一幸が築町クリニックを継承開業し12月1日で2周年を迎えました。

 これまで多くの方にご来院いただきありがとうございます。また励ましのお言葉など日頃からご支援いただき重ねて御礼申し上げます。

 3年目に入るにあたり、あらためて以下の3点を重視して診療をおこなうことを心がけたいと思います。

・呼吸器疾患の診療に更に力を入れる。

 「咳」の原因になる疾患は単なる風邪の延長から肺炎、気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患:肺気腫や慢性気管支炎)、間質性肺炎、じん肺、肺結核、肺がんなど様々です。

 患者さんの訴えや症状の経過にしっかり耳を傾け、診察や必要な検査を行い診断・治療に結びつけたいと考えています。当院で可能な検査は血液検査、胸部X線検査、肺機能検査があります。胸部CT検査が必要な場合は市内の病院へ紹介いたします。

 気管支喘息、COPD、じん肺などの慢性呼吸器疾患の治療は当院の得意分野です。

 また間質性肺炎や肺がん、肺結核は専門的な治療が必要となりますので呼吸器内科専門医が所属する総合病院へ適切に紹介いたします。

 「咳」だけではなく「痰」「息切れ」「呼吸困難感」といった症状に対しても同様の対応を行っていきます。

・かかりつけ医機能の強化 

 当院には多くの「慢性疾患で治療中の方」に通院いただいています。また、お身体の調子がすぐれない時などに身近な医療機関として御来院いただいています。

 この方々への日頃の健康管理にどのように対応するかが「かかりつけ医機能」と考えます。

具体的には

・治療中の病気への対応のみに留まらず合併症予防や合併症への対応

・急性疾患へ対応、特にコロナ禍においては発熱・風邪症状への対応もかかりつけ医の重要な役割になっています。

・内科疾患以外の病気への相談機能

・早期癌をはじめとする症状がでにくい病気の早期発見のための対応

・介護保険、介護サービス利用への援助

 かかりつけ医に求められる機能は多岐に渡り、当院はまだまだ十分な機能を果たせているとは言えませんが努力を続けていきます。

 これらのことは当院のみで完結させることは不可能です。当院で対応できないことは適切な医療機関への受診につなぐことでその役割を果たしたいと考えます。

・健康診断・予防接種に主とした予防医療/健康づくりのお手伝い 

 健康診断や予防接種は予防医療の要になります。街中にあるクリニックである「地の利」を活かし今後もより多くの方にご利用いただければと思います。

 新型コロナウイルスワクチンやインフルエンザワクチンでは多くの方にご利用いただいています。しかし予約が入らずお断りした方もあり申し訳ありませんでした。

 今後も接種医療機関として対応させていただきます。

DSC_0988

 当院は小規模のクリニックです。

 できることは限られていますがきめ細やかな対応をこころがけて少しでも皆さんのお役にたてれば幸いです。

 これからも末永くよろしくお願いいたします。